情報商材 購入・検討チェックポイント

情報商材 購入・検討チェックポイント

情報商材 購入・検討チェックポイントとは?

情報商材を購入する前に、チェックしておきたいポイントを押さえておきましょう。

 

情報商材の購入をおすすめしたい人とは?

情報商材。高額なものもありますが、それでもおすすめしたい方がいます。
どんな方かと言うと、

 

すぐに結果を出したい・解決したい人です。

 

悩みはそれぞれ希望もそれぞれですが、「すぐに結果出なくてもいい後回しでいいよ」なんて事はないと思います。
ですので、情報商材を買うという事は効率良く時間短縮が期待できます。

 

時間を買うという概念ですね。

  • 結婚式が近づいてきているのににきびができた
  • もうすぐ夏なのに太ってしまった
  • クリスマス直前なのに恋人ができない
  • 長年苦しんでいる持病がある

などなど、早く結果を出したい方には情報商材がおすすめです。

 

今知っている情報は試してみましたか?

情報商材を購入すれば、あなたの悩みに直結した情報・ノウハウ・ツール等が手に入る可能性が高いです。

 

しかし、内容によってはあなたが既に知っている情報も商材の中に入っている事があります。

 

基本中の基本から教えてくれる情報商材が多いのです。

 

ですから、人によって知識量は様々ですので人によってはほとんどが知らない情報であったり、半分は既に勉強済みで知っている情報であることももちろんありえる訳です。
ここは勉強すればするほど知らないことは減っていくので仕方の無いことです。

 

ですので、一度考えてみて欲しいのは、

 

今知っている情報は試してみましたか?

 

という事になります。

 

先ほどお話した通り、すぐにでも結果を出したい解決したい方は情報商材の購入をおすすめしますが、やはり何事もお金を使わないで済むならそれに越したことはありません。

 

ですので、少しでも節約するのなら今知っている情報を試してからの方が良いでしょう。

 

ですので、情報商材の購入をおすすめする方は、

 

  • 今知っている情報を試したが、うまくいかなかった方
  • 今知っている情報を試したが、自分に合わない方法だった方
  • 今知っている情報を試しているが、もっと効率を上げたい方

 

と、すぐに結果を出したい・解決したい方です。

 

 

 

情報商材の販売ページのチェックポイント

では、情報商材の購入の際のチェックポイントに入ります。

 

チェックポイントはこの4点

 

  • 何を目的とした商材・商品なのか?
  • どういった内容の商材・商品なのか?
  • 返金保証やサポートは付いているか?
  • 販売者の情報(特定商取引法に基づく表記)があるか?

 

この4点を確認し問題が無ければ私は購入することにしています。

 

何を目的とした商材・商品なのか?

当たり前の内容のようですが、意外と分かってない方もいるようです。

 

例えば、痩せることを目的としたダイエット系情報商材でも、

 

・とにかく痩せるのが目的なのか
・筋トレなども含め体作りが目的なのか
・健康診断での数値が悪く健康メインの体質改善が目的なのか

 

それぞれ痩せる事が目的でも、ダイエット方法に違いが出てきますし、効果も変わるでしょう。
ここを読み取らず、

 

「思っていた情報商材じゃない」

 

と口コミを書くのは販売者さんからしても悲しい話です。

 

販売サイトは文字も多く読むのが大変ですが、しっかり読み込みましょう。

 

どういった内容の商材・商品なのか?

先ほどと同じようですが少し違います。

 

同じくダイエット系の情報商材でも痩せる方法・目的が違うと痩せる為の手段が異なることがあります。

 

例えば、

 

・食生活改善が軸のカロリー計算方法や糖質制限レシピや食欲のごまかしかたがメイン

 

・筋トレ・有酸素運動がメイン

 

この2つは同じダイエットが目的でも全く手段が違うことが分かると思います。

 

運動は苦手な方からしたら、筋トレ・有酸素運動がメインの情報商材は使えない情報商材になってしまいます。

 

買うまで内容が解らないのは当然なのですが、最近では販売ページをよく読むと大体どんなことがメインの情報商材かは記載されていますので、こちらもよく読み込んでください。

 

返金保証やサポートは付いているか?

購入をためらっている情報商材でしたら返金保証や購入後のサポートが付いているのが好ましいです。

 

やはり商品に対する自信の表れと言っても過言ではありませんので、確認するようにしましょう。

 

ただ、返金保証やサポートがなければ必ず詐欺商材確定ではありませんのであしからず。

 

販売者の情報(特定商取引法に基づく表記)があるか?

特定商取引法によって販売者は住所や担当者・連絡先等を表記しなければいけません。

 

しなければいけないので、してない販売者の商品は購入を見送りましょう。

 

逆の立場になって、自分が詐欺商材を販売する側だとしたらクレームが直接来る可能性があるため、住所や電話番号などの連絡先は表記したくないと思います。

 

つまり、特定商取引法に基づく表記をしっかりしている販売者は自信を持って情報商材を販売していると考えられます。

 

購入を検討しているが、どうしても踏ん切りがつかなければ販売者さんにメール等で質問してみて販売者さんの対応をみてみることもおすすめします。

 

販売者さんの人となりも感じられて良い判断材料になると思いますよ。

 

トップへ戻る